ベラジョンカジノ 逮捕

ベラジョンカジノが違法なのか?というのはオンラインカジノで遊ぶ場合には知っておきたいところですね。

オンラインカジノで遊んでいた日本人が逮捕された!!

なんてニュースもありましたからね(>_<) 逮捕者が出たということはやっぱりベラジョンカジノみたいなオンラインカジノはギャンブルと同じになり、賭博罪に問われるのでは??? なんて不安が頭をよぎります(>_<)

ただ、この逮捕者はベラジョンカジノを利用していたわけではないですよ!!

結論から言うと・・・

違法でも合法でもない

ということになります。

なんともスッキリしない結論ですね(;・∀・)

でも、そうなんです。

ギャンブルをすると賭博罪に問われることになるのですが、そもそも賭博罪がオンラインカジノに対して適応していないということ。

昔々にできた法律ですからね。

そして、ベラジョンカジノもそうですがオンラインカジノの大本は海外。

日本の法律を適応することができません。つまり、警察が情報を手に入れることができないということ。

ということで、法律がないから違法でもない。でも賭け事ということには変わりがないから合法でもない。

ということになります。

いわゆる法律の抜け道ですね。

でも、2016年にオンラインカジノをしていた日本人3人が逮捕されるなんてことがありました。

これは衝撃ですね。

他にもオンラインカジノで遊んでいた日本人はいるのですが、3人だけが目を付けられ、挙句の果てに逮捕される。

そのうち2人は略式起訴。1人は裁判を行おうと思ったが起訴が取り下げられ無罪になったんです。

・・・どっちが正解?となると思いますが、この『略式起訴』というのが今回の落とし穴。

これも法律を知っていたら引っかからない方法です。

木村拓哉さんが主演のドラマHEROでもよく出ていましたが、

逮捕されると検事が起訴するかどうかの判断をします。

起訴すると裁判になり、裁判官の判決が下され有罪無罪が確定します。

でも、罪が軽い場合は時間短縮の意味合いもあって略式起訴という方法をとります。

これは裁判なしで起訴し、処分をすることができる方法。

つまり、捕まった2人は罪を軽くするから略式起訴で手を打とう!!という警察の甘い言葉に引っかかり、有罪になりました。

なぜなら上でも書いている通り、法律的には引っかからないんですから。

検事が起訴するのは100%勝てる見込みがある犯罪だけ。

そもそも法律が整備されていないオンラインカジノでは起訴下としても不起訴になり、検事のプライドが傷つく結果に。

だから、裁判を決意した1人は起訴が取り下げられて晴れて無罪になったんです。

つまり、ベラジョンカジノでカジノゲームを楽しんでいても罪に問われることはない。ということになりますね(^^♪

ちなみに、逮捕された3人はベラジョンカジノではなく、スマートライブカジノというオンラインカジノで遊んでいたみたいですよ。