オンラインカジノの歴史について知ろう

好きなスポーツにベットできるオンラインカジノもありますよ!!

話題のワールドカップにベットすることができるスポーツベットがベラジョンカジノと同じ運営会社の遊雅堂で登場しています!老舗のベラジョンカジノと同じ運営元なので、安心してスポーツベットを楽しむことができるのも嬉しいことですね。

スポーツ好きはスポーツベット一択です!!

オンラインカジノの歴史を知ったところで・・・

勝敗には特に影響はありません(^^;)

実はオンラインカジノの歴史はまだまだ浅いのですが、それでも急速に成長しているのがとても面白かったので、

記事にしたいと思います。

ここでは、世界初のオンラインカジノについてやオンラインカジノに必要なライセンス、ソフトフェア、セキュリティー面について、

そして、日本進出までを簡単にまとめたいと思います。

ベラジョンカジノ以外のオンラインカジノもおすすめです!

ベラジョンカジノ以外におすすめのオンラインカジノをご紹介します。使いやすさはもちろんですが、画面の見やすさや独自性等をみて自分が登録しているおすすめのオンラインカジノをピックアップしてみました。

世界初のオンラインカジノはまだ存在していた!!

実は・・・

世界で初めて登場したオンラインカジノって今でも運営をしているんです( ゚Д゚)

つまり、

オンラインカジノ界のパイオニアということになりますね(^-^)

そのオンラインカジノというのがここです

今でも現役で、多くのプレイヤーが楽しんでいるオンラインカジノなのですが、運営会社はベラジョンカジノと同じなんです。

インターカジノとは

インターカジノが創業したのが1996年

つまり、約30年前になります

以外じゃないですか?

ランドカジノはずいぶん前からありましたし、インターネット自体も実は1960年代にはあったんです。

でも、オンラインカジノが作られたのは1996年とごく最近です。

そして、スマホが普及していつでもどこでもカジノゲームを楽しむことができる時代になっているんです。

この流れに乗り遅れてしまったらもったいないですね。

インターカジノはキュラソーライセンスを取得して運営をしています。

入金出金方法もオンラインカジノで利用されるものはカバーしています。

もちろん完全日本語対応になっているので英語が出来なくても問題ありません(・∀・)b

また、インターカジノはこれまでに数々の賞を受賞しており

・オンラインカジノファン大賞受賞(2004年から2009年の6年間)

・最優秀カジノ受賞(5回受賞)

・GOM殿堂入り(2005年)

・ベストカスタマーサポート賞受賞

と輝かしい受賞歴がありますね(・∀・)b

アカウント登録をすますだけでも$30のボーナスをもらうことができるのも、嬉しいですね(・∀・)b

オンラインカジノの歴史

オンラインカジノの歴史

続いて、オンラインカジノの歴史になります。

オンラインカジノの歴史を制することができれば、カジノゲームも制することができる!!

なんてことはありません(^^;)

でも、

歴史を知っていると、オンラインカジノは安全で信頼のあることを知ることができますよ。

ここからは、オンラインカジノ運営に欠かせないライセンスやソフトフェア、セキュリティーに関しての歴史をまとめます。

オンラインカジノ必須のライセンスの歴史

現在のオンラインカジノにおいて、ライセンスは必須条件になっています。

このライセンスが登場したのが1994年。

ここからオンラインカジノの歴史が始まったと言っても過言ではありませんね。

この初のライセンスを発行した国が

イギリス領の『アンティグアバーブーダ』になります。

オンラインカジノの歴史を調べない限り、名前を知ることもないくらい小さな国です

アンティグアバーブーダは小さな島国からなっている独立連邦国になります。

大西洋とカリブ海の境に位置していますね。

自然豊かで、熱帯雨林、サンゴ礁、砂漠と自然にあふれています。

なんとも、カジノが似合いそうな感じがしますね(・∀・)b

カジノの始まりがヨーロッパ周辺ということも考えると、オンラインカジノに真っ先に乗り出したのがイギリスというのも納得がいきます。

これ以降、数多くの国がオンラインカジノのライセンス発行を行っています

有名なライセンス発行国は以下の通りです

「ジブラルタル」「マルタ共和国」「イギリス」「キュラソー」「マン島」etc.

このライセンスを取得していないオンラインカジノは違法になりますので、

初めてのところではまずは、この発行所の掲載があることを確認しておくことを強くお勧めします(>_<)

ライセンスというのはオンラインカジノでの問題の最終的な責任を請け負ってくれる器になるのでとても重要になります。

こちらの記事も参考にしてください。

オンラインカジノの運営に必須になる「ライセンス」に関してと、信頼度の証になる第三者機関等の話題になります。ライセンスを取得していれば安全なのか?いえ!そんなことは無いです。取得しているライセンスの種類がとても重要になります。ここではライセンス制度の紹介と、信頼あるライセンスをご紹介しています。

オンラインカジノ必須のソフトウェアの歴史

オンラインカジノのゲーミング会社

こちらもオンラインカジノを運営するにはなくてはならないものですね

「ソフトウェア会社」です

ベラジョンカジノやインターカジノ、カジ旅といったオンラインカジノサイトだけでは運営することができません。

オンラインカジノを運営するにはソフトウェア会社からカジノゲームを提供をしてもらう必要があります。

なので、オンラインカジノ側がシステムを好き勝手にコントロールすることができないため、不正ができないようになっています(・∀・)b

現在、数々のソフトウェア会社が登場していますが、

その先駆けとなった企業が

「マイクロゲーミング(Microgaming)」

になります。

設立は1994年

ライセンスが登場した年と同じです。

マイクロゲーミングはアンティグアバーブーダでライセンスの法案が可決するよりも早くにオンラインカジノに着手していたということになります(゚д゚)!

まさに先見の明ですね(・∀・)b

その甲斐あって、現在でもオンラインカジノ業界での信頼も厚く、

マイクロゲーミング社と契約するにはハードルが高く、逆に言えば、マイクロゲーミング社のカジノゲームを扱っているオンラインカジノは信頼性があると言えます。

マイクロゲーミング社は英国、マルタ、ジブラルタル等のライセンスを取得しており、スロットからテーブルゲーム、スポーツベッティングまで幅広くゲームを開発しています。

本社はマン島にあるみたいですね(・∀・)b

セキュリティー面の向上

安全なオンラインカジノ

とはいえ、

オンラインカジノが登場し始めたころは、悪いオンラインカジノもたくさんあったようです。

ライセンスを取得していないのはもちろんですが、

運営を開始したものの、プレイヤーから入金された資金を返金もせずに、突然サイトが閉鎖(゚д゚)!

ということもあったようですね(;・∀・)

ただ、セキュリティー面が向上した現在ではそのようなオンラインカジノも格段に排除されていきました。

また、現在では第三者機関の登場でさらにセキュリティー面で向上しています

2003年に設立されたeCOGRA(イーコグラ)もその一つですね。

イーコグラではオンラインギャンブルのソフトウェアとシステムのテスト、検査、認証を行っている専門機関になります。

イーコグラはISO/IEC27001(国際的に認められた情報セキュリティー管理標準)の認証を受けています

第三者機関はイーコグラ以外にもさまざまな企業があり、オンラインカジノ側・ゲーミング会社側の両方を監視する立場となっています。

ただ、これは必須ではないので、第三者機関の検査を受けていればより安心という感じでとらえるといいと思います。

ライセンスを取得しているということが最も重要な点になりますからね(・∀・)b

安全性の確立

オンラインカジノの安全性

ネットでリアルマネーを賭けて行うオンラインカジノでは

安全性がとても重要になります。

上記の様に、オンラインカジノが始まった当初はライセンス基準も甘かったり、監査機関もなく、悪徳オンラインカジノも横行したようです

現在では安全性も確立され、安心してリアルマネーをベットすることができるようになっています

その一躍となっているのが、

ライセンス発行ですね。

ライセンスの審査基準も厳しくなり、定期的な更新により品質担保されています。

また、各ソフトフェア会社も同様にライセンスを取得して運営をしています。

さらに、

第三者機関の登場により、安全性は確固たるものになったと言っても過言ではないかもしれませんね(・∀・)b

上記以外のものでも、

オンラインカジノを選ぶ基準の一つとして、

運営歴

を確認するのもいいかもしれません。

長く運営をするためには、運営体制もそうですが資金も十分に蓄えていないとできません。

運営歴が長いオンラインカジノはそれだけで信頼度が高いと思います(・∀・)b

パソコンからモバイルへ

オンラインカジノはスマホでプレイできるか

当初はパソコンしかありませんでしたので、

パソコンでのプレイが必要でした。

もちろん、Wi-Fiが無い時代には固定回線を引いて、決まった場所でしかプレイすることができませんでした(^^;)

それが、

Wi-Fiの誕生、ノートパソコンの手軽さに加え、

アップルのiPhoneの登場により、ネット環境さえ整っていれば

いつでもどこでもカジノゲームを楽しむことができる時代となりました(・∀・)b

オンラインカジノの登場以前までは、

ランドカジノの敷居が高く、限られた人しか楽しむことができなかったカジノゲームが

今では誰でもどこでも手軽に楽しめることができます(・∀・)b

それこそ、海外に行く必要もなく、日本国内で実際にベットすることができるカジノゲームを楽しむことも可能になりました。

ライブカジノでは本場さながらの臨場感を楽しむことも可能になりました( ̄▽ ̄)

その為、オンラインカジノ側もソフトウェア側もモバイルの発達に伴って、

モバイル対応のプラットフォームを整え、

現在ではほとんどのオンラインカジノがスマホからでも快適に楽しめるようになっていますね(・∀・)b

オンラインカジノが日本に上陸したのは?

オンラインカジノが日本に上陸

では、日本にオンラインカジノが登場してきたのはいつ頃なのでしょうか?

日本で最も人気が高いオンラインカジノはベラジョンカジノで、

日本語対応の先駆けとなったのもベラジョンカジノの印象ですが・・・

ベラジョンカジノの運営開始は2011年とごく最近。

日本語対応のオンラインカジノが登場したのはこれよりも前の

1998年になるようです。

そのオンラインカジノの名前は「インペリアルカジノ」だそうです。

現在は日本から撤退しているので、遊ぶことができません。

日本語対応するのがちょっと早かったのかもしれませんね(;・∀・)

オンラインカジノの登場が1996年

この2年後に日本語に対応したとしても、なんにでもスタートが遅い日本での浸透は難しかったのかもしれませんね(;・∀・)

特に、インターネットで実際にお金を賭けるなんてことをする人は数少なかったと思います(>_<)

そんな状態で、オンラインカジノを宣伝してもなかなか浸透しませんでしょうね(>_<)

その後、インターネットが日本でも浸透し、ベラジョンカジノの登場によって、オンラインカジノが受け入れられてきたということですね。

この何年かはコロナウイルスの自粛の影響で過去最高にオンラインカジノへのアクセスが増えたみたいですよ(^-^)

多くの人がアメリカンドリームの夢を手にするチャンスをゲットしたということですね(・∀・)b

オンラインカジノの歴史のまとめ

ここ数十年で確立してきたオンラインカジノの歴史に関してでした。

世界初めてのオンラインカジノがインターカジノで、激戦のインターネットの世界で今もなお運営を続けているということは、大きな信頼に値しますね(・∀・)b

また、インターカジノの姉妹サイトのベラジョンカジノも信頼が高いと言えます( ̄▽ ̄)

ライセンスが登場したのが1994年。発行している国は「アンティグア バーブーダ」

それと同時に、ソフトウェア会社の「マイクロゲーミング」がカジノゲームの製作に取り掛かる。

ライセンスの審査基準の向上や第三者機関の登場により、オンラインカジノの安全性が向上され、諸各国の政府機関がライセンス発行を進めていきました。

マイクロゲーミング社以外にも様々なゲーミング会社も増えてきました。

今ではオンラインカジノでもライブカジノを利用すれば、ランドカジノさながらの臨場感を楽しむことも可能になりましたし、

さらに、これから日本でのオンラインカジノの動向が注目されていく時代になっていきそうですね(・∀・)b

登録だけでボーナス$30をもらえます!!
ベラジョンカジノの登録はこちら
登録だけでボーナス$30をもらえます!!
ベラジョンカジノの登録はこちら