モンテカルロ法は勝てないのか?賭け方からメリット・デメリットをわかりやすく解説

好きなスポーツにベットできるオンラインカジノもありますよ!!

話題のワールドカップにベットすることができるスポーツベットがベラジョンカジノと同じ運営会社の遊雅堂で登場しています!老舗のベラジョンカジノと同じ運営元なので、安心してスポーツベットを楽しむことができるのも嬉しいことですね。

スポーツ好きはスポーツベット一択です!!

オンラインカジノでも有名な攻略法の一つ『モンテカルロ法』について、

賭け方からメリット・デメリットをわかりやすく解説していきます!!

噂ではモンテカルロ法を利用して、カジノ一つが潰れた(゚д゚)!なんてこともあるくらいです。

つまり、カジノ一つをつぶすくらいの勝利金を手にすることがあなたも可能かもしれませんね(・∀・)b

モンテカルロ法を利用してオンラインカジノを楽しみましょう!!

ベラジョンカジノ以外のオンラインカジノもおすすめです!

ベラジョンカジノ以外におすすめのオンラインカジノをご紹介します。使いやすさはもちろんですが、画面の見やすさや独自性等をみて自分が登録しているおすすめのオンラインカジノをピックアップしてみました。
目次
  1. モンテカルロ法という攻略法とは
  2. モンテカルロ法が有効なカジノゲーム
    1. 勝率約50% or 配当約2倍のカジノゲーム
    2. 勝率約33% or 配当約3倍のカジノゲーム
  3. モンテカルロ法が向く人
  4. モンテカルロ法の賭け方をわかりやすく解説
    1. モンテカルロ法を利用するための準備
    2. モンテカルロ法の賭け方 配当2倍のカジノゲームの場合
    3. モンテカルロ法の賭け方 配当3倍のカジノゲームの場合
  5. モンテカルロ法のデメリット
    1. モンテカルロ法のデメリット ベット方法がややこしい
    2. モンテカルロ法のデメリット 長期戦になる場合がある
    3. モンテカルロ法のデメリット 最終的に損失が出る場合もある
    4. モンテカルロ法のデメリット ライブカジノのような時間制限があると焦る
    5. モンテカルロ法のデメリット 大きく勝つことができない
    6. モンテカルロ法のデメリット 負けつづきでもベット額を上げる必要がある
  6. モンテカルロ法のメリット
    1. モンテカルロ法のメリット オンラインカジノに強い攻略法
    2. モンテカルロ法のメリット じっくり長期戦を楽しみたいときの強い味方
    3. モンテカルロ法のメリット ベット額を抑えることができる
  7. モンテカルロ法の注意点
    1. モンテカルロ法の注意点 必ずメモを使いましょう
    2. モンテカルロ法の注意点 長期戦になることも考えて利用する
    3. モンテカルロ法の注意点 ベット額によっては上限に引っかかる
    4. モンテカルロ法の注意点 モンテカルロ法が禁止されている場合がある
  8. モンテカルロ法は勝てない攻略法なのか?
  9. まとめ

モンテカルロ法という攻略法とは

さて、モンテカルロ法はマーチンゲール法やパーレー法と違い多少利用するのがややこしいです(^^;)

ランドカジノではメモを使うことができませんので、自分の頭の中で考える必要があります。

ただ、

オンラインカジノは画面越しなのでメモしていても問題ありません(・∀・)b

モンテカルロ法でも簡単に使いこなすことが可能です。

モンテカルロ法を利用する場合、「ユニット」という概念が必要になります。

始めは「1,2,3」が最初のユニットになります。

この数字を利用して、ベット額を決めていく方法になります。

この数字は任意なので、「2,4,6」や「10、20,30」という感じでもいいですし、

ベット額を決めるときの賭金を上げる方法でも可能です。

どの攻略法・必勝法でも重要になる点があります。

それが

『有効なカジノゲームを選択する』

これになります。

どの攻略法・必勝法にも利用できるカジノゲームがあります。

それをしらずに、適当に攻略法を使っても効果がありません。

では、モンテカルロ法が有効なカジノゲームはこれになります。

モンテカルロ法が有効なカジノゲーム

ルーレットの画像

モンテカルロ法が最も有効なカジノゲームは

『勝率約33% or 配当薬3倍のカジノゲーム』

になります。

また、『勝率約50% or 配当約2倍のカジノゲーム』でも利用することは可能ですが、

最終的に負けてしまうこともあるので注意が必要になります。

それぞれを見ていきます

勝率約50% or 配当約2倍のカジノゲーム

まずは『勝率約50% or 配当約2倍のカジノゲーム』

カジノゲームで言えば

『バカラ』『ルーレット』それと『ブラックジャック』になります

バカラでは「バンカー」or「プレイヤー」にベットすることで約2倍の配当になります。「タイ」やその他がほとんど当たらないほどの確率なのでこれが成立しますね。

ルーレットでは「赤 or 黒」「奇数 or 偶数」「1-18 or 19-36」にベットする方法で約2倍の配当をもらうことが可能になります。

また、ルーレットは1回1回のゲームが完全に独立しているので、攻略法・必勝法が特に有効になるカジノゲームになりますね(・∀・)b

ブラックジャックは基本的な配当が2倍になるので、利用可能になります。

と言っても、ブラックジャック自体はゲーム性を楽しむものなのでモンテカルロ法に集中するあまり負けが続く・・・なんてことになると本末転倒(^^;)

初心者ではブラックジャックはゲームに集中するほうがいいかもしれません。

勝率約33% or 配当約3倍のカジノゲーム

勝率約33%、配当約3倍になるカジノゲームは少ないです

『ルーレット』1択ですね(・∀・)b

ルーレットでは様々なベット方法がありますが、

配当約3倍のベット方法はこの2つになります

『コラムベット』『ダズンベット』

これですね

ベット方法はこれです

・コラムベット

ルーレットコラムベットの画像

テーブルの1行にベットする方法になります。

「2to1」と書かれている場所ですね

3行あるので勝率約33%になりますね(^-^)

・ダズンベット

ルーレットダズンベットの画像

ダズンベットは

「1-12」「13-24」「25-36」のそれぞれにベットする方法になります

こちらも3ブロックに分かれているので約33%の勝率になります。

※どちらも約33%になるのはルーレットでは「0」の場合はどちらにも属さないからですね。

カジノゲームは新しいものがどんどん登場しているので中には配当が3倍になるゲームもルーレット以外にあるかもしれません。

モンテカルロ法はベット方法になるので利用することも可能かもしれませんね(・∀・)b

モンテカルロ法が向く人

モンテカルロ法が向く人、向かない人がいます。

モンテカルロ法が向く人は

・コツコツルールに従える人

・長期戦も可能な人

・大当たりを狙わない人

これですね。

モンテカルロ法はその特性上、長期戦になる場合があります。

時間がない場合はモンテカルロ法は利用しないことをおすすめします。

また、大当たりを狙っている人にも不向きになります。

コツコツ勝ちを積み重ねていくことが得意な人に向いているのがモンテカルロ法ですね。

モンテカルロ法が向かない人はこれらの逆になります。

・短期決戦派

・大きく勝ちを狙っている人

カジノ場は一獲千金を狙っている人も多い場所です

そのような人は、大きく勝つことが出来そうなベット方法を利用することが重要ですね(・∀・)b

モンテカルロ法の賭け方をわかりやすく解説

ベラジョンカジノってハイローラーも楽しめるのの画像

モンテカルロ法は簡単なベット方法というわけではありません。

とはいえ、使いこなすことが難しいわけではありません。

ランドカジノでは頭の中で計算しながらベットするしかありません。

でも、オンラインカジノはメモをしていても問題ありません(・∀・)b

最初のうちはビデオルーレットでじっくりモンテカルロ法の手順を確認しながら、メモを使ってベットして、

慣れて来たら、メモを取りながらでもライブカジノのルーレットでチャレンジしてもいいかもしれません(^-^)

ライブカジノではベット時間が決まっているのでなれない攻略法を利用すると、時間が無くなってしまいます(^^;)

なので、まずはモンテカルロ法のベット方法になれましょう

また、配当2倍と配当3倍の時では違いがあるので注意しましょう。

モンテカルロ法を利用するための準備

モンテカルロ法を利用する場合、準備するものがあります

これは非常に大切です!!

準備するものは

「メモ」

「ペン」

これですね。

これなくして、モンテカルロ法を利用することは不可能・・・かもしれません(^^;)

少なくとも、私は無理ですね(;・∀・)

モンテカルロ法の賭け方 配当2倍のカジノゲームの場合

ルーレットやバカラ、ブラックジャックの配当2倍、勝率約50%のゲームでモンテカルロ法の賭け方はこのようになります

配当2倍のモンテカルロ法のベット方法の画像

ちょっと長いですね(;・∀・)

ベット方法の概要をまとめるとこんな感じです

開始時:1,2,3

勝ち:両端の数字を消す

負け:ベットした数字を右端に追加

終了:数字の残りが1つまたはゼロになった場合

これになります。

基本的には1クール終了した場合、利益が上がっている確率が高いのですが、2倍の配当の場合はその限りではないんです(>_<)

これには注意が必要です!!

モンテカルロ法の賭け方 配当3倍のカジノゲームの場合

主にルーレットの「コラムベット」「ダズンベット」で利用できるモンテカルロ法のベット方法になります

配当3倍のモンテカルロ法のベット方法の画像

こちらも概要を簡単に

開始時:1,2,3

勝ち:両端の数字2つを消す

負け:ベットした数字を右端に追加

終了:数字の残りが1つまたはゼロになった場合

勝ったときに消す数字が2つになっている点に注意が必要ですね

勝率約33%と低いですが、1クール終了時に利益が上がっていることがほとんどなので、有利にゲームを展開していくことが可能になります。

モンテカルロ法のデメリット

モンテカルロ法にもデメリットがあります

これですね

・ベット方法がややこしい

・長期戦になる場合がある

・最終的に損失が出る場合もある

・ライブカジノのような時間制限があると焦る

・大きく勝つことができない

・負けつづきでもベット額を上げる必要がある

それぞれを見ていきます

モンテカルロ法のデメリット ベット方法がややこしい

上記の図のようにややこしいです(^^;)

メモしていなければ間違いやすいです。

メモしていても間違うかもしれません(>_<)

なので、慣れるまではベット額は最低限で行うことをおすすめします。

モンテカルロ法のデメリット 長期戦になる場合がある

負けが続く場合、長期戦になることがあります。

負けと勝ちが交互にくる場合も長期戦になります。

連敗後に1クール終了するにはそれなりに時間がかかります。

モンテカルロ法を利用する場合には、まとまった時間を作って、腰を据えてじっくり楽しむしかありませんね。

モンテカルロ法のデメリット 最終的に損失が出る場合もある

特に配当2倍のカジノゲームでは、

場合によっては最終的に損失が出ている場合もあります。

こればかりはゲームの流れによって変わってきます

とはいえ、流れが悪い場合、途中で終わるとそれはそれで損失が出ますからね(;・∀・)

その時の自分のルールに則るのが一番いいですよ(・∀・)b

モンテカルロ法のデメリット ライブカジノのような時間制限があると焦る

メモが必要なくらいややこしいのがモンテカルロ法です

ライブカジノはベットタイムが決まっています

じっくり手順を確認している暇がないこともあるので、

ライブカジノで試す場合には、ある程度なれてからのが良いでしょう。

モンテカルロ法のデメリット 大きく勝つことができない

実際にモンテカルロ法を利用しても大きく勝つことができません。

もちろん、

時間をかければトータルで大きく勝つことが可能です。

モンテカルロ法は1つのカジノをつぶしたと噂されるくらいの攻略法です。

時間をかけることでそれだけの力を発揮してくれるということですね(・∀・)b

モンテカルロ法のデメリット 負けつづきでもベット額を上げる必要がある

特性上、負けが続いていてもベット額を上げ続ける必要があります。

資金が少ない人には精神的にしんどいかもしれません。

マーチンゲール法と同じですね。

モンテカルロ法のメリット

もちろん、メリットもありますね

・オンラインカジノに強い攻略法

・じっくり長期戦を楽しみたいときの強い味方

・ベット額を抑えることができる

これですね

モンテカルロ法のメリット オンラインカジノに強い攻略法

特性上モンテカルロ法はランドカジノでは難しいです

メチャクチャ頭の回転が速くて、記憶力が良ければランドカジノでも使うことができるんでしょうけど・・・

ランドカジノではのんびりベットすることもできませんし、

基本的にはメモが必要になります。

それに対してオンラインカジノではメモを取ることも可能ですし、

ライブカジノでなければ、じっくり考えてベットすることも可能です。

モンテカルロ法はオンラインカジノに適した攻略法・必勝法と言えますね。

モンテカルロ法のメリット じっくり長期戦を楽しみたいときの強い味方

ある人にはデメリット、またある人にはメリット

今日はカジノゲームを楽しむぞ!!

っていう人にはモンテカルロ法はメリットになります。

損失を抑えることができますし、ベット方法がややこしいので、なんとなくカジノゲームを攻略している感じがして楽しいです(・∀・)b

モンテカルロ法のメリット ベット額を抑えることができる

少額で始めることでベット額を抑えることができます。

ギャンブルで大切なのは資金管理なので、モンテカルロ法は良い攻略法になりますね。

モンテカルロ法の注意点

モンテカルロ法の注意点ですが、デメリットと被ることも多々ありますね

・必ずメモを使いましょう

・長期戦になることも考えて利用する

・ベット額によっては上限に引っかかる

・モンテカルロ法が禁止されている場合がある

これになります

モンテカルロ法の注意点 必ずメモを使いましょう

メモ必須です

以上!!

モンテカルロ法の注意点 長期戦になることも考えて利用する

時間がない時には使うことができませんね

場合によっては長期戦になる場合があります。

じっくり腰を据えて楽しめるときに利用しましょう

モンテカルロ法の注意点 ベット額によっては上限に引っかかる

これはどの攻略法・必勝法でも言われることですね。

$1からスタートすればほとんどベット額上限に引っかかることは無いと思いますが、

攻略法・必勝法では負けないためにベット額を上げることがほとんどですね。

スタートベットを高くせってしたい場合には注意が必要になります。

モンテカルロ法の注意点 モンテカルロ法が禁止されている場合がある

オンラインカジノの中にはシステムベットを禁止している場合があります。

利用する前に、それぞれの規約を一読しておくことをおすすめします。

また、規約はよく変更される場合がありますから、定期的に見直しておくことをおすすめします。

改定日が変更されていたら変更点だけチェックすればいいですね(・∀・)b

モンテカルロ法は勝てない攻略法なのか?

結論、

『モンテカルロ法は勝てる攻略法』

になります。

とはいえ、必ず勝てるわけではありません。

世の中に、ギャンブルで必ず勝てる方法というのは存在しないのが事実

とはいえ、勝つ確率を上げることができる方法や資金を長持ちさせる方法はあります。

モンテカルロ法はその一つですね

噂でもモンテカルロ法を利用してカジノを潰したなんてことが言われているくらい有効な手法になります。

ただ、

ベット方法が若干ややこしくなるのでちゃんと理解して利用しないと逆効果になる恐れがあるので注意しましょう。

まとめ

モンテカルロ法に関してでした。

内容はこんな感じ

モンテカルロ法とは? カジノを潰したという噂がある攻略法。

オールマイティーな攻略法

有効なゲームは? 勝率約50%・配当約2倍のゲーム

勝率約33%・配当約3倍のゲーム

モンテカルロ法が向く人 コツコツルールに従える人

長期戦も可能な人

大当たりを狙わない人

モンテカルロ法の賭け方 勝率約50%、勝率約33%のゲームで賭け方が変わります。

詳細は上記で(^^;)

デメリット ベット方法がややこしい

長期戦になる場合がある

最終的に損失が出る場合もある

ライブカジノのような時間制限があると焦る

大きく勝つことができない

負けつづきでもベット額を上げる必要がある

メリット オンラインカジノに強い攻略法

じっくり長期戦を楽しみたいときの強い味方

ベット額を抑えることができる

注意点 必ずメモを使いましょう

長期戦になることも考えて利用する

ベット額によっては上限に引っかかる

モンテカルロ法が禁止されている場合がある

こんな感じになります。

登録だけでボーナス$30をもらえます!!
ベラジョンカジノの登録はこちら
登録だけでボーナス$30をもらえます!!
ベラジョンカジノの登録はこちら