ベラジョンカジノ モノポリー

モノポリーって知っている人は知っているって感じですが、

髭の生えたおじさんです。

これですね↓

ちなみに、

モノポリーってアメリカで生まれたボードゲームだそうですよ。

それがカジノゲームとして登場したということですね(・∀・)b

ベラジョンカジノ モノポリーのルール

ルールはいたって簡単です(^-^)

大きなルーレットを回して、書かれた数字等を当てるゲームです

↑こんなルーレットですこれ、身長くらいの大きさあるんですよ(゚д゚)!

ルーレットに書かれている数字は全部で6つ

『1』『2』『5』『10』『2rolls』『4rolls』

になります。

『2rolls』『4rolls』に関してはまた後で説明するとして、

他の数字は配当率になります。

例えば、

『5』に1ドルベットして、予想があったったら、配当として1×5の5ドルを賞金としてゲットすることができます。

それぞれのマスの数は配当が高くなるにつれて少なくなります。

とても簡単でシンプルなゲームですね(^-^)

で、『2rolls』『4rolls』ですが、

この2つにベットして、当てることが出来たらボーナスステージに進むことができます( ̄▽ ̄)

ボーナスステージはすごろくみたいになっており、

モノポリーのおじさんが軽快に進んでくれますよ(^-^)

2rollsは2回、4rollsは4回サイコロを振ることができます。

サイコロは2つ使います。

ベラジョンカジノ モノポリーの確率

モノポリーの巨大なルーレットは全部で54マスあり、

1倍が22マス

2倍が15マス

5倍が7マス

10倍が4マス

2rollsが3マス

4rollsが1マス

チャンスが2マス

になります。

つまり、それぞれを54で割って確率を出すと・・・

1倍が40.7%

2倍が27.8%

5倍が13.0%

10倍が7.4%

2rollsが5.6%

4rollsが1.9%

チャンスが3.7%

の確率と言うことになりますね。

モノポリーでは1倍に賭けるなんてことはしないと思いますので、

実質2倍の27.8%が一番当たる確率だということですね

とは言うものの、モノポリーを攻略するカギは2,4rollsになります。

ベラジョンカジノ モノポリーの攻略

さて、モノポリーの攻略方法と言ってもたいしたことではありません(^^;)

モノポリーで賞金を効率よく増やすには

2rolls or 4rollsを当てるか?

になります。

要は確率的にどれくらいのパーセンテージでこの2つが出現するか?を見極めることがポイントになります

モノポリーではベットできる金額は幅広く、高額ベットして10倍で当たればバッチリ稼げそうですが、

10倍が出るのは7.4%なのでなかなか出ません。

やっと出たと思っても、出費と比較するとなかなか稼ぐことは難しいかもしれません(-_-;)

その点、2rolls or 4rollsはそれぞれ確率は少なく見えますが、

二つのマスを合わせると10倍のマスト同じ4マスなので確率は同じになります( ̄▽ ̄)

10倍と違う点は・・・

ボーナスステージでは賞金の倍率が高くなる( ̄▽ ̄)

と言うことです(・∀・)b

なので、10倍よりも高額な賞金を手にすることが可能だということです!!

そうなると、出費よりも勝利金の方が多くなる確率も断然高くなるのでチャンスが広がるというものです。

で、

確率なのでうまくいかないことも多々ありますが・・・

54枚中、4枚。

なので確率的には13回くらいに1回は2rolls or 4rollsが出るはずです。

つまり、

連続で2rolls or 4rollsが出ないのが13回以上続いた場合、この2つに賭ける。

と言うことを繰り返すと勝率が上がるはずになります。

もちろん、確率論なので永遠と当たらない(>_<)なんてことも考えられますが、その場合は賭ける回数を決めて損失を最低限に抑えることが大切です。

当たらないときには当たらないものですし、当たる時には当たる物ですから(^-^)

闇雲にずっと賭け続けるよりも勝率も賞金もアップする可能性は高いと思いますよ( ̄▽ ̄)

ベラジョンカジノ モノポリーのまとめ

ということで、

モノポリーは出る数字を当てるとてもシンプルなゲーム。

ベット金額も0.1-2500ドルまで賭けることが可能なので、ちょっと遊ぶ場合でも、ガッツリ賭けることも可能なゲームになっています。

知っている人も少ないかもしれませんが、

バカラやスロット、ルーレット、ブラックジャックといったカジノゲームが飽きた時や息抜きに一度モノポリーで遊んでみると、

意外とはまるかもしれませんよ(・∀・)b

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする