オンラインカジノ必須の運営ライセンス制度とは

好きなスポーツにベットできるオンラインカジノもありますよ!!

話題のワールドカップにベットすることができるスポーツベットがベラジョンカジノと同じ運営会社の遊雅堂で登場しています!老舗のベラジョンカジノと同じ運営元なので、安心してスポーツベットを楽しむことができるのも嬉しいことですね。

スポーツ好きはスポーツベット一択です!!

オンラインカジノを運営するにはライセンスが必須になります。

もし、ライセンスを取得していないオンラインカジノは・・・危険大です( ゚Д゚)

数千以上あると言われているオンラインカジノですが、ライセンス制度を知っているだけでも、不正なオンラインカジノを見極める手段になるともいます。

オンラインカジノを運営するにあたり、不正等がないように監視しているのがライセンス発行国や第三者機関になります。

ここでは、オンラインカジノの運営に必須になるライセンス制度に関してまとめていきたいと思います。

ベラジョンカジノ以外のオンラインカジノもおすすめです!

ベラジョンカジノ以外におすすめのオンラインカジノをご紹介します。使いやすさはもちろんですが、画面の見やすさや独自性等をみて自分が登録しているおすすめのオンラインカジノをピックアップしてみました。

オンラインカジノのライセンス制度とは

オンラインカジノの運営には必ず、ライセンスが必要になってきます。

逆に、ライセンスを取得していないオンラインカジノは・・・違法の可能性が多いです(^^;)

どんなに豪華で華やかにサイトを飾っていても、ライセンスが無いオンラインカジノには近寄らないのが賢明です。

そのサイトに、どんなに言ことが書かれていてもです(>_<)

ライセンスの役割

そもそも、ライセンスってどんな役割を担っているのか?

メインはこれになりますね

・オンラインカジノの合法性の証明

これですね。

リアルマネーを用いてプレイするオンラインカジノは闇の深い世界になりがちです。

映画でもあるようなマフィアや悪徳業者が運営していたりと違法性が高くなってしまいます(^^;)日本でも、ギャンブルが893(ヤ〇ザ)の資金源になったりしますよね。これです。

そのような悪の温床にならないように取り締まっているのが、ライセンス発行国になります(・∀・)b

ライセンスを取得するには様々な審査をクリアする必要があります。

また、定期的な審査もあります。

つまり、オンラインカジノを運営する資格があるかどうかを判断する試験ですね。

これをクリアしなければ、ライセンスの発行がされないため、オンラインカジノの運営をすることができなくなります。

ライセンスの違い

では、ライセンスがいろいろな国から発行されているのはなぜか?

疑問が出てきますね。

ライセンスを発行している政府機関は様々あり、それぞれに独自の審査基準が設けられています。

たとえば、他国でオンラインカジノを運営する場合、その国がライセンスを発行している場合はそのライセンスを取得してからでないと、運営をすることができないことがあります。

政府はオンラインカジノの安全性を担保する代わり、オンラインカジノ業者から多額のライセンス料をもらうことが可能になります。

たとえば、A国が発行しているライセンスを取得していない場合、A国内でオンラインカジノをプレイする側にもそのライセンスが無いオンラインカジノをプレイすると、違法になる!!

なんて法律があれば、プレイヤーはライセンスを取得していないオンラインカジノを利用することはありませんよね?

そうなれば、オンラインカジノ側は是が非でもA国のライセンスを取得する必要が出てきます。

オンラインカジノ側はプレイヤーから収益があり、A国はオンラインカジノ側から収益があります。

プレイヤーが勝つ場合もあれば、負ける場合もありますし、何より娯楽の一部として楽しむことができる『三方良し』の関係になります。

日本でのライセンスの立ち位置

日本でオンラインカジノをプレイする場合、日本はライセンス発行をしていないため、諸外国のライセンスを取得していることを確認する必要があります。

その場合、どのライセンスを取得しているか?というのが重要になってきます。

ライセンス発行国は多数あり、そのライセンス発行基準も様々。

お金を支払えば、ライセンスを発行する政府機関もあるとかないとか(^^;)

ライセンス発行料は安いものではないので、国のいい収入源になりますからね。

初めてのオンラインカジノでは、

ライセンスを取得しているか?

どのライセンスを取得しているか?

この2点が重要になってきます。

今後、法律が改正され、日本発行のライセンスを取得していないオンラインカジノをプレイした場合、違法になります!!

なんてことになった場合には、日本のライセンスを各オンラインカジノが日本の審査をクリアして取得する必要があるということですね。

オンラインカジノの運営制度

ここで、オンラインカジノがどのように運営されているかを確認しておきます。

実はオンラインカジノだけでは成立しません。

こんな感じです

オンラインカジノの運営画像

オンラインカジノを中心にこんな感じで各企業がかかわっています。

それぞれの役割はこんな感じになっています。

・オンラインカジノ:プレイヤーにカジノゲームを提供する役割

・ソフトウェア会社:オンラインカジノにカジノゲームを提供する役割

・諸外国政府:オンラインカジノにライセンスを発行する役割

・第三者機関:カジノゲームの安全性を担保する役割

・決算会社:オンラインカジノとプレイヤー間の資金移動の役割

・プレイヤー:われらがプレイヤーはサービスを提供される役割

こんな感じです。

オンラインカジノでは様々な企業が関り、運営されています。

それぞれお互いに資金を支払うことによって、各社の運営がなされているということですね。

ちなみに、ソフトウェア会社もライセンスを取得して、第三者機関の審査を受けているので安全性が保障されています(・∀・)b

オンラインカジノのライセンス発行国

ライセンス発行国は実に様々です。

上に記載した通り、『お金を支払えばライセンスを発行する政府もある』ので、どのライセンスを取得しているか?も重要になってきます(>_<)

ここで、比較的信頼性があるライセンス発行国をご紹介します。

これ以外のライセンスを取得している場合は少し注意が必要かもしれません。

(※「比較的」と書いているのは、現時点では安全ということです。今後、各政府の考え方次第では悪徳ライセンスにもなりうるということを頭に入れておく必要があります。その場合はここからも削除します)

ざっと上げると、

・マルタ

・キュラソー

・ジブラルタル

・カナワケ

・イギリス

・マン島

これですね。

それぞれを見ていきます。

マルタ共和国

マルタ共和国のライセンスはオンラインカジノ業界では有名です。

歴史は長く20年以上ライセンスを発行しています。

マルタのライセンスは取得するのは難しいと言われ、マルタライセンスを取得しているオンラインカジノは安全性が高いと言えます。

日本で人気の高いベラジョンカジノも以前はマルタライセンスを取得していました(現在はキュラソーライセンス)

ただ、規制が厳しく、入出金方法・入出金限度額の設定に多くの制限があるようですね(;・∀・)

キュラソー

キュラソーライセンスの画像

キュラソーライセンスは以前はあまり良くなかったのですが、最近は人気の高いライセンスになっています。

上記の様に日本で人気の高いオンラインカジノ「ベラジョンカジノ」が2020年にマルタライセンスからキュラソーライセンスに変わったのは衝撃でした。

それ以降、キュラソーライセンスに変更しているオンラインカジノは数多く存在します。

今ではメジャーなライセンスの一つになっていますね。

ジブラルタル

ジブラルタルライセンス画像

スペインの南海岸の半島に位置するのですが、イギリスの領土になっています。

ジブラルタルのライセンスを取得しているオンラインカジノは少なく、

私の知る限り、「ウィリアムヒル」が唯一のオンラインカジノになります。

オンラインカジノと言っても、ウィリアムヒルのメインはスポーツブックになります(^-^)

ジブラルタルライセンスの取得はマルタと同じく、とても厳しい審査をクリアする必要があるため、信頼性が高いと言えますね(・∀・)b

カナワケ

カナワケライセンス画像

カナワケライセンスはカナダにあります。

発行はカナワケゲーミングコミッションになり、発足は1996年になります。

カナワケもライセンス取得が難しいと評判があり、

取得しているオンラインカジノも少なくなっています。

イギリス

イギリスライセンス画像

イギリスは昔からギャンブル文化があり、

イギリスでオンラインカジノを運営するにあたり取得する必要があるライセンスになります。

取得するのにも厳しい審査をクリアする必要があります。

イギリスでもスポーツブックを展開している「ウィリアムヒル」はイギリスのライセンスを取得していますね( ̄▽ ̄)

マン島

マン島ライセンス画像

マン島でもオンラインカジノのライセンスを発行しているのですが・・・

見たことはありません(^^;)

マン島はイギリス連邦の加盟国ではなく、イギリスの王室属領になるみたいです(ウィキペディアより)なかなか、どくどくな島になっているみたいですね。

私の知る限り、マン島のライセンスを取得しているオンラインカジノは日本には存在しないと思います。

と、

色々、オンラインカジノを運営するための必須事項のライセンスは各国で発行されています。

上記で紹介しているもの以外にもたくさん存在します。

理由は簡単で、オンラインカジノの収益が政府にとって大きな収入源になるからですね。

また、自国民がオンラインカジノでの犯罪の温床に曝されないためにも、自国特有の審査基準を設けています。

なので、オンラインカジノの中には数種類のライセンスを取得している場合が多いです。

たとえば、日本ではライセンスの規定がないので、どこかの国のライセンスを取得して、合法的に運営されていればいいかもしれませんが、

イギリス国内で運営するためには、イギリス政府のライセンスの取得が必須になりますし、

ジブラルタル地域で運営するためにはジブラルタルのライセンスを取得する必要があります。

ライセンスを発行するためには多額の資金が必要になるため、

数種類のライセンスを取得しているということは、それだけで資金力が十分にあることの証明にもなりますね(・∀・)b

ライセンスと同じくらい重要なもの

オンラインカジノを運営するにはライセンスだけではなく、さまざまなものが必要になってきます。

ソフトフェアだったり、信頼度を上げるための第三者機関の存在も重要になります。

第三者機関の存在

第三者機関は必須条件ではありませんが、

各オンラインカジノが独自に依頼し、自身のサイト運営が健全という証拠の一つになります。

第三者機関はこれらになります

eCOGRA(イーコグラ)

イーコグラのロゴ画像

有名な第三者機関になります。

2003年に設立。マイクロゲーミングやNetEntの監査も行っていますね。

オンラインギャンブルのソフトウェアやシステムのテスト、検査・認証を行う、独立した機関になります。

イーコグラ自体もISO/IEC17020,ISO/IEC17021-1,ISO/IEC17025,ISO/IEC17065等の国際機構の認定を受けています。

イーコグラの認定をクリアするにはとても厳しい審査をクリアする必要があり、有名オンラインカジノでも落ちることもしばしばあるそうです。

心強いのが、イーコグラはトラブルの仲裁に入ってくれるということです。

海外運営のオンラインカジノとプレイヤーでの問題の解決はなかなかスムーズには行きません(>_<)そんなとき、オンラインカジノの内情にも詳しい、イーコグラが力になってくれると、本当に心強いです(・∀・)b

この第三者機関の認定を受けているオンラインカジノは確実に優良だと証明されているようなものですね( ̄▽ ̄)

ITech Lands

itechlabsのロゴ画像

2004年に設立

ITech Landsは設立から15年以上の経験があり、オンラインゲームの様々なゲームをテストし認定しています。

各国の地域特定の要件に基づいてテストを行っているため、ヨーロッパをはじめ、アジア、オーストラリアと各地を管轄区としています。

GLI

GLIロゴ画像

GLIはGaming Laboratorise Internationalの略になります。

GLIは老舗中の老舗になります。30年以上サービスの提供を行っており、

その分野はオンラインカジノだけではなく、宝くじ、スポーツベッティング、それに、オンラインゲームのテストまで行っています(・∀・)b

GLIの審査をクリアしている場合、不正を行うことは極めて難しいと言っても過言ではないと思います(・∀・)b

と、第三者機関3つをご紹介しましたが、

オンラインカジノで第三者機関の審査を受けているところは少ない気がします。もしかしたら、審査を受けているけど、その表示はしていない・・・という場合もあるのかもしれません。

ただ、何のメリットもありませんけどね(;・∀・)

第三者機関の審査を積極的に採り入れているのは、オンラインカジノよりもソフトウェア会社になります。

自社のオンラインカジノ用のゲームプラットフォームに不正が無いかをチェックしてもらうことで、ユーザーにも安心感を与えてくれますよね(・∀・)b

ソフトウェア会社の存在

オンラインカジノにはならないのが、「ソフトウェア会社」になります。

オンラインカジノというのはただの箱で、商品がソフトウェア会社で作られたカジノゲームになります。

スロットからテーブルゲームまでオンラインカジノで提供されているカジノゲームはソフトウェア会社から提供されているものになります。

実はオンラインカジノではゲームソフトを開発しているわけではないんですね(゚д゚)!

サイトを作って、カジノゲームという商品を並べているだけになります。

だからこそ、プログラムを変更することもできませんので、安全性が保たれるということですね。

これが、オンラインカジノでソフト面も作られていたら、不正をするオンラインカジノもたくさん出てくるでしょう。

有名なソフトウェア会社は

マイクロゲーミングやNetEnt、Evolution Gamingと数多く存在します。

このソフトウェア会社ももちろん、各国のライセンスを取得して運営しています。

また、オンラインカジノよりもソフト面の担当ということもあり、複数国のライセンスを所有していたり、第三者機関の審査を積極的に取り入れているゲーミング会社が多い気がします(^-^)

まとめ

オンラインカジノ側におけるライセンスの役割は、「運営証明書」

プレイヤー側におけるライセンスの役割は、「信頼の証」

になりますね。

逆に、

ライセンスが無いオンラインカジノで遊んではいけません(>_<)

違法カジノの可能性が大きいですね。

オンラインカジノではライセンスの取得が必須になっているので、

初めて登録するオンラインカジノではライセンスの確認をしましょう。

また、弾三者機関の有無やソフトウェアの信頼性の確認もしておくと、さらに安心してオンラインカジノを楽しむことが可能になります。

登録だけでボーナス$30をもらえます!!
ベラジョンカジノの登録はこちら
登録だけでボーナス$30をもらえます!!
ベラジョンカジノの登録はこちら