31システム法とは?勝てない?負ける?基本やアレンジを詳しく解説

好きなスポーツにベットできるオンラインカジノもありますよ!!

話題のワールドカップにベットすることができるスポーツベットがベラジョンカジノと同じ運営会社の遊雅堂で登場しています!老舗のベラジョンカジノと同じ運営元なので、安心してスポーツベットを楽しむことができるのも嬉しいことですね。

スポーツ好きはスポーツベット一択です!!

31システム法は少し、システマチックな攻略法になります。

自分自身でカジノゲームをコントロールしている感が欲しい人にはいい攻略法・必勝法の一つかもしれませんね(・∀・)b

1クールの最大損失が決まっているのも特徴で、$1を基準と考えた場合は$31が最大損失になります(^-^)

さらに、2連勝すれば利益が確定するので、短時間の攻略法としては優秀だと思います。

それではベラジョンカジノのようなオンラインカジノで利用することができる攻略法・必勝法の『31システム法』に関してご紹介します。

ベラジョンカジノ以外のオンラインカジノもおすすめです!

ベラジョンカジノ以外におすすめのオンラインカジノをご紹介します。使いやすさはもちろんですが、画面の見やすさや独自性等をみて自分が登録しているおすすめのオンラインカジノをピックアップしてみました。

31システム法とは?

勝ち負けでベット金額を変更していく点は他の攻略法・必勝法と同じになります。

が、

31システム法は「9個の数字のマスを利用する」というのが特徴になるベッティング方法になります。

『31システム』なんて一見ややこしそうな名前ですが、

とても単純で一度、表を作成しておけば、初心者でも簡単に利用できる攻略法・必勝法になります。

損失を抑えることができて、1クールの中で2連勝すれば利益が上がります(・∀・)b

31システム法が有効なカジノゲームは?

ライブカジノスマホ画面の画像

31システム法が有効なカジノゲームは

・バカラ

・ルーレット(赤・黒 or 偶数・奇数 or ハイ・ロー)

・ブラックジャック

などの、勝率50%・配当2倍のカジノゲームになります。

攻略法・必勝法の多くが勝率50%・配当2倍のものが多いですね。

勝つためには勝率が高いカジノゲームを選ぶのもポイントです(・∀・)b

31システム法の使い方・賭け方を詳しく解説

31システム法の使い方・賭け方に必要になる表があります。

31システム法ベット方法

単純に表にするとこんな感じですね

中には、

31システム法の画像

こんな感じで紹介されています。

要は、【A-1】から【D-2】までの中の()内の数字に係数を掛けて利用します。

この任意の係数はどのゾーンでも同じ係数になります。

たとえば、A-1は(1)になります。

これに$1を賭ければ、1×$1=$1になり、これがベット額になります。

1×$0.1ならベット額は$0.1になり、

1×$10ならばベット額は$10となります。

Dゾーンでは(8)に任意の係数を掛けた数字がベット額ですね。

8×$1なら$8がベット額になります。

こんな感じです。

ここからはわかりやすいように、$1を係数にしてこの表で解説していきます

31システム法ベット方法

それぞれの数字がベット額になります。

31システム法のスタート位置

31システム法のスタート位置は左上からになります

31システム法のスタート位置の画像

ここですね。

この場合、スタートベットは$1になります。

この後は勝ち負けで右横に進むか?下に進むか?

になります。

それぞれを解説していきます。

31システム法で負けた場合

スタートベットで負けた場合、

『次のベットは表の右横に移動した金額をベットします』

31システム法で負けた場合のベット方法の画像

右横に移動して、2回目のベットも$1になります。

2回目も負けたら、右横に移動します。

なので、3回目のベット額も$1になりますね。

では、3回目で負けた場合は?

こうなります

31システム法で負けた場合のベット方法の画像

このように、それぞれの段の右端で負けた場合には、

次の段の左端に移動することになります。

31システム法で勝った場合

勝った場合はシンプルで

『どの場所からでも下の段の左端に移動』

になります。

こんな感じです

31システム法で勝った場合の画像

これですね。

勝ったら次の段の左端

これだけです。

31システム法の終了は?

31システム法の終了は2つあります

・2連勝した場合

・表の一番下の右端で負けた場合

これですね。

31システム法ではどの時点からでも2連勝することで利益が上がります( ̄▽ ̄)

もう一つの表の一番右端で負けた場合も終了になります。

たとえば、9連敗した場合の損失は$31(スタートが$1の場合)になり、1クールの最大損失が$31になります。

この最大損失$31になるのがこの名前の由来ですね(^-^)

最大の負けで$31ですが、9連敗することは非常に稀ですね(;・∀・)

とはいえ、そんな時にもありますね(>_<)

31システム法のメリット 4つ

31システム法のメリットになります。

メリットは4つ

・最大損失が決まっている

・2連勝で利益確定

・止め時がわかりやすい

・初心者にも安心して利用できる

これですね。

それぞれ見ていきたいと思います。

最大損失が決まっている

上でも書いている通り、

31システム法では連敗しても最大損失が決まっています。

つまり、

資金管理がしやすいということですね(・∀・)b

ギャンブルでは資金管理が非常に重要になってきます( ̄▽ ̄)

話を戻して・・・

31システム法ではスタートベット額によって最大損失が決まってきます

たとえば、スタートベットを$1にした場合の最大損失は

$31になります。

$1+$1+$1+$2+$2+$4+$4+$8+$8

で合計$31になります。

これが31システム法を利用して9連敗した場合の最大損失になります。

また、スタートベットを$0.1にした場合、9連敗で

$0.1+$0.1+$0.1+$0.2+$0.2+$0.4+$0.4+$0.8+$0.8

で、合計が$3.1が最大損失になります。

逆にスタートベットを10倍の$10にした場合、

$10+$10+$10+$20+$20+$40+$40+$80+$80

になり、最大損失は$310になります

スタートベット額で最大損失が決まってくるので、資金管理が非常にしやすいベット法になります。

2連勝で利益確定

31システム法ではどの時点でも2連勝すれば利益確定になります。

スタートから2連勝すれば(スタートベット額$1)

合計ベット額は$2

損失$0

利益が$2になります

スタートから3連敗後に2連勝したら、

合計ベット額は$9

損失$3

利益$6になります

スタートから5連敗という驚愕の状況でも

その後、2連勝したら

合計ベット額$19

損失$7

利益$12

と、どの時点からでも2連勝すれば利益確定になります(・∀・)b

2連勝は確率的にとても可能な確率になります( ̄▽ ̄)

ゲーム回数 勝率
1回 50.0%
2回 25.0%
3回 12.5%
4回 6.25%
5回 3.12%

2連勝する確率は25%もあります( ̄▽ ̄)

止め時がわかりやすい

止め時も非常にわかりやすいです

31システム法のやめ時は2種類

・2連勝した時

・表の最後で負けた時

この2種類になります。

非常にわかりやすいですね(^-^)

初心者にも安心して利用できる

最大損失も決まっていて、

ベット額も自由に決めることができる。

2連勝したら利益確定

これは初心者にとっても非常に利用しやすい攻略法・必勝法の一つになります(・∀・)b

31システム法のデメリット 2つ

メリットがあれば、必ずデメリットもあります。

31システム法のデメリットは2つ

・2連勝しないと損失が出る

・間違えやすい

この2つになります

それぞれを見ていきたいと思います。

2連勝しないと損失が出る

2連勝した場合は利益が出ますが、

31システム法を利用している間で、2連勝できなければ利益が出ることはありません。

とはいえ、

ベット額が大きくなりませんし、最大損失が決まっているので利用しやすいベット法になります

間違えやすい

これはどの攻略法・必勝法にも言えることですね。

『間違える』

これです。

難しい数字ではないので、頭でも計算することができるかもしれません。

ただ、初めての人は表を書いて、手順を間違わないようにしましょう。

とはいえ、間違ってもそれほど損失が出るわけではありません(^-^)

31システム法の注意点

注意点の画像

デメリットともかぶりますが注意点はこれらです

・有効なカジノゲームを選ぶ

・ベット方法を間違えない

この2つですね

それぞれを見ていきたいと思います。

有効なカジノゲームを選ぶ

31システム法は2連勝することで利益を狙うことができる攻略法・必勝法になります。

なので、できるだけ勝率の高いカジノゲームを選ぶことが重要になります。

31システム法で有効になるカジノゲームは

『勝率50%・配当2倍』

のカジノゲームになります。

バカラ、ブラックジャック、ルーレット

これですね。

ルーレットは赤 or 黒、偶数 or 奇数などにベットすることで勝率50%になりますね。

これを間違ってしまったら、2連勝することなく損失ばかり膨れ上がってきます(>_<)

ベット方法を間違えない

間違ってしまうと、システム自体がうまく機能しなくなります。

とはいえ、

間違えたからと言って、損失が大きく膨らむことが無いので安心することもできます。

31システム法のケーススタディーでシミュレーション

ここで31システム法のケーススタディーをシミュレーションしてみましょう。

わかりやすいように、損益なども含めて表にしています。

どのケースもスタートベットは$1としています。

ケース1 9連敗した場合

ゲーム回数 ベット額 勝敗 総ベット額 損益
1ゲーム $1 負け $1 -$1
2ゲーム $1 負け $2 -$2
3ゲーム $1 負け $3 -$3
4ゲーム $2 負け $5 -$5
5ゲーム $2 負け $7 -$7
6ゲーム $4 負け $11 -$11
7ゲーム $4 負け $15 -$15
8ゲーム $8 負け $23 -$23
9ゲーム $8 負け $31 -$31

考えたくありませんし、確率的には非常に低いです。

が、

なくはないです(>_<)

もし、9連敗した場合、損失は$31出になりますね。

ケース2 2連敗1勝を繰り返した場合

ゲーム回数 ベット額 勝敗 総ベット額 損益
1ゲーム $1 負け $1 -$1
2ゲーム $1 負け $2 -$2
3ゲーム $1 勝ち $3 -$1
4ゲーム $2 負け $5 -$3
5ゲーム $2 負け $7 -$5
6ゲーム $4 勝ち $11 -$1
7ゲーム $4 負け $15 -$5
8ゲーム $8 負け $23 -$13
9ゲーム $8 勝ち $31 -$5

勝っているようで、最終的には損失しかありません。

$5の損失になりますね。

31システム法は2連勝すれば利益確定になりますが、逆に、2連勝しなければ損失確定になります

ケース3 7連敗後の1勝の場合

ゲーム回数 ベット額 勝敗 総ベット額 損益
1ゲーム $1 負け $1 -$1
2ゲーム $1 負け $2 -$2
3ゲーム $1 負け $3 -$3
4ゲーム $2 負け $5 -$5
5ゲーム $2 負け $7 -$7
6ゲーム $4 負け $11 -$11
7ゲーム $4 負け $15 -$15
8ゲーム $8 勝ち $23 -$7

8ゲーム目で勝ったとしても、31システム法のルールでは下に表が無いのでこれでゲーム終了になります。

そして、2連勝していないので損失が$7になってしまいます。

とはいえ、損失は少し解消されています。

3つのケースをご紹介しました。

31システム法は2連勝した時点で利益が出て1クールが終了になります。

なので、ここでは損失が出るケースでご紹介しています。

31システム法は勝てない?負ける?攻略法なのか?

31システム法は勝てない負ける攻略法なのか?

個人的には

勝てると思いますし、負けにくい攻略法の一つだと思います。

上記でも紹介しているように

2連勝する確率は25%あります。

これは分が悪い勝負ではありません

後は、損失額をどこに設定してカジノゲームからの引き際を検討するかが重要になります。

負けるときは負けるので、そのような日は潔く止めておくのが重要になります。

31システム法の応用は?改良・アレンジして利益を増やそう!!

今まで31システム法は$1でのベット方法をご紹介していますが、

さらに大きく収益を伸ばしたい場合には改良していく必要があります

たとえば、

スタートベットを10倍や100倍にすることで収益を伸ばす改良が可能になります。

10倍でなくても、3倍や5倍にすることも可能なので自身の資金と相談ですね。

もちろん、損失も大きくなりますが・・・

逆に、スタートベットを0.1倍や0.01倍にすることも可能なので、

やはり、自身の資金と相談することが賢明です(・∀・)b

31システム法の表がいまいち使いにくい場合、

このようなアレンジも可能になります。

数字を順番に書いて、

負けたら右へ

二連勝したら最初に戻る

これで完了になります(^-^)

31システム法のアレンジ法の画像

こんな感じです。

結局は31システム法と同じ流れになりますね(;・∀・)

まとめ

2連勝することで利益が上がる31システム法に関してご紹介しました。

31システム法とは 9個の数字を利用するベッティング方法

最大損失が決まっていて、2連勝で利益が出ます

31システム法が有効なカジノゲーム 勝率50%、配当2倍のカジノゲーム​​​​​​

バカラ

ブラックジャック

ルーレット(赤 or 黒・偶数 or 奇数など)

31システム法の使い方・賭け方 9個の数字を表に入れて、

勝てば下の段、負ければ右に移動しベット額が決まる

メリット4つ ・最大損失が決まっている

・2連勝で利益確定

・止め時がわかりやすい

・初心者にも安心して利用できる

デメリット2つ ・2連勝しないと損失が出る

・間違えやすい

注意点 ・有効なカジノゲームを選ぶ

・ベット方法を間違えない

改良点・アレンジ スタートベット額を2倍、5倍、10倍、100倍、0.1倍、0.01倍と

任意の倍率で変更することが可能

こんな感じです。

登録だけでボーナス$30をもらえます!!
ベラジョンカジノの登録はこちら
登録だけでボーナス$30をもらえます!!
ベラジョンカジノの登録はこちら